日本自動車連盟(JAF)は、宮城、福島を除くエリアで燃料切れの救援依頼への対応を再開すると発表した。

東日本大震災後、東北や関東で燃料切れの救援依頼が急増したが、これらエリアではJAFでも燃料の調達が困難で、ガス欠の救援依頼に対応できない状態となっていた。

燃料の調達ができるエリアから順次、ガス欠車に燃料を供給するロードサービスを再開、宮城、福島を除く全エリアで燃料切れのロードサービスを再開した。

宮城、福島は燃料切れ車両に燃料は供給できないものの、ガス欠で移動ができなくなって道路交通の妨げとなっている場合は、けん引により車両を移動する対応を行っている。