LEI

EV(電気自動車)ベンチャーのシムドライブは3月29日、かねてから開発を進めてきた先行開発車第1号「SIM-LEI」が完成したと発表した。となると、今後市販化に向けた動きが気になるところ。同社代表取締役の清水浩氏にそのあたりの展望を伺った。

「2013年の発売を目標にしているという点は以前と変わりません。ただしシムドライブとしての仕事はこの先行開発までで、ここから先は量産を希望する会社に技術移転を行います。価格も以前発表したとおり、年産10万台規模であれば、バッテリーを除いて150万円あたりになるのではないでしょうか。ただし年産1万台規模になれば、価格は2倍になると考えています」

シムドライブでは、バッテリーは当初リース方式での販売を考えていた。しかし昨今の状況を考えると、量産効果によって価格が下がる可能性もあり、状況次第では一体での販売も望ましいのではないかという見解だった。とはいえSIM-LEIは、このまますぐに量販に移せるような内容の持ち主とはいえないこともたしかだ。

「量産化に向けては、衝突安全試験をクリアするための対策が必要になってきます。メカニズムの耐久性や信頼性、乗り心地やハンドリングなどのブラッシュアップも重要になってくるでしょう。今回発表したクルマはあくまで先行開発車なのです」

なお今年1月に開発開始が発表された先行開発車事業第2号は、今回の第1号よりやや小柄になるとのこと。第1号では航続距離の向上に主眼が注がれたのに対し、こちらでは断熱性能がテーマのひとつになるとのことだった。

LEI LEI LEI LEI SIM-LEI