エリクソンは、東日本大震災の被災地での通信回線復旧作業を支援するため、ヘリコプターをチャーターし150台の衛星電話機を提供すると発表した。

東日本大震災で地震と津波による二重の災害で、東北地方の輸送・通信インフラは甚大な被害を受けている。地域によっては道路が寸断され、アクセスが空路のみとなっているなど、津波被害を受けた東北地方のネットワークは、現在も深刻な状況が続いている。

エリクソンは、通信事業各社を支援するため、ヘリコプター「Bell 205」をチャーターし、3月31日から復旧に向けてた活動を支援する。被災地での活動経験を持つクルーをヘリコプターで輸送し、ネットワークのメンテナンス、修復、修理作業を支援すると同時に、修理用機器を輸送する。

ヘリコプターへの積荷後、機内にスペースがある場合は、被災地で救援活動する民間公益団体向けに、食料や水、衣類などの物資を輸送する。

現在予定しているネットワーク復旧作業内容は、故障した無線基地局と関連機器、電源の復旧、損傷した鉄塔の修復とコンクリート基礎の交換など。

さらに、エリクソンの顧客であるソフトバンクを支援するため、ソフトバンクに衛星電話機150台を提供する。25日に衛星電話100台がスウェーデンから発送され、携帯電話網がダウンしている地域での復旧作業の調整のために活用されている。追加の衛星電話機50台もスウェーデンから日本に向けて発送された。