日本自動車工業会が発表した2月の四輪車輸出台数は、前年同月比13.2%増の43万1582台となり、14か月連続で前年を上回った。

車種別では、乗用車が同14.6%増の38万5703台と高い伸び率となった。トラックは同0.7%減の3万5644台とマイナスだった。バスは同15.8%増の1万235台だった。

地域別では、アフリカ、大洋州を除く全地域で前年を上回った。主力の北米向けは同4.3%増の14万4965台だったほか、欧州向けも同73.7%増の10万6619台と順調。アジアが同14.1%の5万3327台と高い伸び率だった。

輸出金額は、車両分が96億3993万ドル、部品分が34億4887万ドルの総額130億8880万ドルとなり、前年同月と比べて19.8%の増加だった。