タクシー向けPASMO決済システム システム構成

セイコーインスツル(SII)の子会社で情報端末を製造販売するSIIデータサービスは、SIIデータが提供している無線決済サービス「クレピコ(CREPiCO)で、タクシー向けにPASMOなどの交通系電子マネーの決済ができる新システムを開発し、サービスを開始した。

3月中旬から臨港タクシー(横須賀市)、下旬から京急中央交通社(同)、京急文庫タクシー(横浜市)、京急三崎タクシー(三浦市)、京急葉山交通(三浦郡)の5社でサービスを開始する。

SIIデータは日本初の無線によるクレジットカード決済システムのクレピコを開発して、デビット決済や電子マネーのEdy、やQUICPayなどに対応してきた。

一方、タクシーの決済では従来、クレジットカードやデビットカード、QUICPayなど取扱ってきたが、PASMOを始めとする交通系電子マネーが全国で普及し、タクシー利用者からのニーズも大きくなっていたことから対応した。、タクシーでの支払に交通系電子マネーが使えるようになり、利用者は、スピーディな支払いが可能となり、支払の選択肢も広がる。

1枚の交通系電子マネーでJR、私鉄、地下鉄、バスに加えてタクシーまでの公共交通機関の支払が可能となる。タクシー会社としても乗客の利便性向上のほか、乗務員の安全面にも貢献する。

SIIデータは、今後3年間でタクシー会社30社、2万台への搭載を目指す。