フコクは、インドに設立した子会社が、自社工場を新設するとともに自動車用防振部品も生産すると発表した。新工場を建設する資金のため、フコクは子会社の増資を引き受ける。

インド子会社のフコクインディアは、リースした工場で主に自動車用ブレーキ部品を製造する計画で設立した。しかし、インドの自動車市場の拡大が予想以上で、事業の拡大が見込まれるため、自動車用防振部品も生産、自社工場を建設して成長市場での将来の基盤づくりを進める。

工場新設の資金のため、資本金を1億2500万ルピー(約2億2200万円)から3億5500万ルピー(約6億3200万円)に増資する。フコクが全額を引き受ける。