ガリバーインターナショナルは、2011年2月期の連結業績見通しを上方修正した。

中古車小売台数は計画を達成しなかったものの、売上高は従来予想よりも50億円増の1420億円となった模様だ。

収益では、社内管理の徹底やマーケティングコストの効率化、販売費・一般管理費の削減効果が予想以上で営業利益は60億円を予想していたが80億円となった。経常利益は従来予想よりも19億円増の78億円となった。

最終利益は、グループ会社統合による本部機能の移転・統合で固定資産除却損や子会社のロシア事業の貸倒損失などの特別損失を計上、従来予想より3億円増の50億円にとどまった模様だ。