エクソンモービル・ジャパングループは、燃料不足が深刻な東北地方にあるグループ給油所ネットワークへの燃料油供給量が震災前の140%を上回るレベルに増やしたと発表した。

同社グループは東日本大震災の影響でガソリンや灯油などの燃料不足が深刻化している東北地方への石油製品の供給体制を強化するため、地震発生以来、石油製品を2万4000キロリットル以上、タンクローリー約1200台分を輸送した。これは震災前の東北地方への供給と比べて40%増となるレベル。

ただ、同社グループの東北地方にある約360か所のサービスステーションの稼働状況は、60%強にとどまっている。

同社グループは国内の全製油所でフル操業に入っており、今後も被災地に製品供給を増強していく構え。加えて仙台近郊にあるエクソンモービルの塩釜油槽所も東北地方向け燃料供給量を増やしていく。

このほか、同社では塩釜港が復旧して大型タンカーの入港が可能になったことから、塩釜油槽所に向けて5000キロリットル積載可能なタンカーを投入する予定。