26日午前11時20分ごろ、千葉県印西市内の農道で、交差点を進行していた乗用車同士が出会い頭に衝突する事故が起きた。この事故で双方のクルマは中破。一方のクルマに乗っていた3人が死傷。もう一方のクルマも2人が軽傷を負っている。

千葉県警・印西署によると、現場は印西市酒直卜杭付近で、双方とも車線区別の無い幅員約3mの直線路。交差点に信号機は設置されていない。双方の車両ともほとんど減速することなく交差点に進入し、衝突に至ったものとみられる。

衝突によって双方のクルマは中破。一方のクルマは弾みで電柱にも衝突し、助手席に同乗していた89歳の女性が頚部骨折でまもなく死亡。後部座席に同乗していた60歳の女性も頚部骨折の重傷。運転していた63歳の男性が打撲などの軽傷を負った。また、もう一方のクルマを運転していた58歳の男性と、同乗していた17歳の男性も打撲などの軽傷を負い、近くの病院に収容されている。

現場は田園地帯の中にあり、警察では同速度で進行していると目の錯覚で相手車が止まって見える「コリジョンコース型事故」の疑いもあるとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。一時停止標識は58歳の男性が運転する側にあったという。