出光興産は3月28日、東北地方への石油製品の供給体制を強化するため、5000キロリットルの石油製品を搭載したタンカーが着岸したと発表した。

東北地方にあるサービスステーションへの出荷拠点となっている塩釜油槽所に27日午前8時30分、ガソリン2000キロリットル、灯油2000キロリットル、軽油1000キロリットルを積載した石油タンカーが到着した。

5000キロリットルの積載船の入港が許可されたことから、同社の北海道、千葉、愛知にある製油所から、当初と比べて2.5倍の石油製品をを塩釜油槽所に供給できるようになった。

また、塩釜油槽所からはタンクローリー約30台を使って宮城県内とその近郊の配送を開始した。