ピレリ

スタート前に1分間の黙祷が捧げられるなど、東日本大震災やニュージーランド地震の被災者らに向けたメッセージに溢れた2011年F1世界選手権開幕戦のオーストラリアGP。

前日の予選でポールポジションを奪ったのは昨年のワールドチャンピオン、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)だった。また、ウィンターテストで不振が伝えられていたマクラーレンのルイス・ハミルトンが予選2番手に食い込むなど、新しいピレリタイヤがどのように作動するか、可変リヤウイング(DRS)の効果など、決勝レースは予測不能の混戦が予想された。

スタートから飛び出したのはベッテルで、2位以下をぐんぐん引き離していく。3番手を走っていたマーク・ウェバー(レッドブル)は11周目という早いタイミングでタイヤ交換を行う。やはり今年からサプライが始まったピレリタイヤは意図的なグリップ低下が早い段階で起きるようだ。

2位を走るハミルトンにはフロアが落下するというトラブルが発生したが、ラップタイムに大きな影響はない様子。3位にはロータスルノーのビタリー・ペトロフがロシア人初の表彰台を目指して走る。背後にはペースアップを果たしたフェォルナンド・アロンソ(フェラーリ)が開幕戦表彰台を狙ってペトロフを追い上げる。日本期待の小林可夢偉(ザウバー)はポイント圏内の8位を走行しながら終盤戦に突入していった。

結果、開幕戦のウイナーは予選でコースレコードをたたき出す圧倒的な速さを見せたベッテル。2位はハミルトン、3位はペトロフというポディウムのメンツとなった。以下は、ポイントフィニッシュのドライバー。4位:アロンソ、5位:ウェバー、6位:ジェンソン・バトン(マクラーレン)、7位:セルジオ・ペレス(ザウバー)、8位:小林可夢偉、9位フェリペ・マッサ(フェラーリ)、10位:セバスチャン・ブエミ(トロロッソ)。

ピレリ スタート 表彰台