佐川急便は、東北地方を対象にした「飛脚クール便」の取り扱いを28日から集荷・配達を再開すると発表した。

同社は東日本大震災の被災地である青森県、秋田県、山形県、岩手県、宮城県、福島県の東北地方発着の荷物の取扱いを停止していたが、24日から輸配送網を復旧、全国で荷物の集荷・配達を行っている。

25日から北海道で飛脚クール便の取扱いを開始したのに続いて、28日からは一部の配送不能エリアを除く全国で飛脚クール便の取り扱いを受け付ける。

被災地の物流網は大幅に復旧してきた。

東北地方では、引き続き時間帯サービスの取り扱いは見合わせる。