日本損害保険協会は、地震保険を契約した損害保険会社が不明な人のために照会サービスを行う専門の窓口として「地震保険契約会社照会センター」を新たに開設し、28日から運用を始める。

照会サービスは、損保協会内の既設の「そんがいほけん相談室」でも19日から行っていたが、専用ダイヤル(0120-501-331)を新設することで、より充実した体制を整えることにした。そんがいほけん相談室でも引き続き照会サービスを並行して行うという。

また損害保険各社でも28日から、契約した損害保険会社を調べるサービスを行えるようにすることも合わせて明らかにした。