旭テックは、グループでトラック用プレス部品などを製造するテクノメタル(福島県二本松市)が24日から昼夜二直で鋳造の操業を再開したと発表した。

テクノメタルは、東日本大震災で生産に影響する被害は受けなかったものの、燃料の確保が困難なことや、従業員の安全を考慮して震災直後から操業を停止していた。

その後、21日からプレス鍛造を再開、鋳造についても24日から再開した。

ただ、今後も燃料の供給は不安定で、電力の供給不足も予想されるため、電力需要の少ない週末、夜勤にオペレーションをシフトすることで生産能力を維持する方針だ。