昭文社は、被災者の救援や被災地の復興活動を行う関係者をサポートするため、津波により大きな被害を受けた岩手・宮城・福島・茨城の各県の災害対応窓口に、同社発行の道路地図・都市地図出版物の無償提供を申し入れた。

被災地の救援や復興活動には、地図が重要な役割を持つ。現在、被災した各県の対応窓口に同社から直接届ける形で、順次提供している。

同社は、津波で大きな被害を受けた太平洋沿岸部の各地域の都市地図を3月25日に緊急出版したほか、東北6県と茨城県に該当する地図・まっぷるマガジン関連商品の売上の一部を義援金として日本赤十字社を通じて寄付する。