国内生産の低迷で世界生産が前年同月比1.9%減、15か月ぶりに前年を下回った

ホンダが発表した震災前の2月の四輪車の生産・販売・輸出実績によると、世界生産台数は国内生産の低迷で前年同月比1.9%減の27万9345台となり、15か月ぶりに前年を下回った。

国内生産は、国内向けが低調で、同15.6%減の7万0346台と3か月連続で落ち込んだ。

海外生産は同3.8%増の20万8999台と、16か月連続でプラスとなった。中国が同2.6%増の4万5001台と2月として過去最高だったことから、中国を含むアジア生産が同2.8%増の7万4908台と2月として過去最高となった。北米も同6.1%増と伸びた。

国内販売は同11.9%減の4万8738台と6か月連続マイナスだった。エコカー補助金制度終了による反動で2ケタ減となった。ただ、軽自動車は前年並みだった。

輸出は同47.6%増の2万8753台と、4か月連続でプラスとなった。北米向け、欧州向け、アジア向けが伸びた。

一方、東日本大震災の影響で、操業が停止しており、3月の国内生産、国内販売、輸出が大幅マイナスになる見通し。

国内生産の低迷で世界生産が前年同月比1.9%減、15か月ぶりに前年を下回った 北米版シビッククーペ 発売延期となったフィットシャトル