日立電線は、2011年3月期の期末配当について「未定」にした。

同社は期末配当について従来、業績が回復してきたことから前年同期と同額の1株当たり2円50銭を予想していた。

しかし、東日本大震災の影響で製品の出荷も停滞している。自動車メーカーの操業停止が長引く見通しで、業績に与える影響を精査した上で決定するため、配当予想を未定にした。

同社の中間配当は2円50銭を実施した。