海上自衛隊活動状況(3月18日、動画キャプチャ)

東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)では、防衛省自衛隊が二次災害防止や復興支援のため、被災地に派遣されている。

自衛隊の支援派遣は、人員が約10万6100名(陸:約6万9000名、海:約1万5300名、空:約2万1300名、原子力災害派遣部隊:約500名)、回転翼214機、固定翼319機、艦船50隻となっている(24日12時00分現在)。

海上自衛隊のヘリコプターが18日に物資輸送を行なっている様子を動画共有サイト経由で見ることができる。

海上自衛隊活動状況(3月18日、動画キャプチャ) 海上自衛隊活動状況(3月18日、動画キャプチャ) 海上自衛隊活動状況(3月18日、動画キャプチャ) 海上自衛隊活動状況(3月18日、動画キャプチャ) 海上自衛隊活動状況(3月18日、動画キャプチャ) 海上自衛隊活動状況(3月18日、動画キャプチャ) 海上自衛隊活動状況(3月18日、動画キャプチャ) 海上自衛隊活動状況(3月18日、動画キャプチャ)