被災状況の可視化(岩手県大船渡市の例)

北海道大学は、国土地理院提供の基盤地図情報、空中写真を地理情報システム(GIS)で分析、岩手県大船渡市、宮城県南三陸町の被災状況を可視化した。

東日本大震災は広範囲に被害が及び、どの地区でどのような被害があったのか空中写真だけではわからない。このため、GISを活用した分析では道路や鉄道などを空中写真に重ねて場所を特定した。

また、標高情報を重ねてどの程度まで津波の被害があったのか明らかにした。大船渡市や南三陸町では、市街地の広くが3〜4mのところにあるが津波はさらに5m以上の地区まで被害を及ぼしたことが明らかになった。

同大学では今後、他の地域でも同様の分析を行って被害の実態の詳細を明らかにするとともに、国土地理院の整備する地図情報インフラの高度な活用方法を開発していく。