CクラスとEクラスにも燃料電池車が設定される計画だという(写真=Cクラスセダン)

現在、自動車誕生125周年を祝って、燃料電池車による世界一周ツアーを実施中のメルセデスベンツ。同社の次世代燃料電池車は、『Cクラス』や『Eクラス』といったセダンモデルにも設定されることが明らかになった。

これは17日、ダイムラーが次世代燃料電池スタックの製造工場をカナダに建設するという発表に合わせて公表されたもの。メルセデスベンツの燃料電池車は、初代が『Aクラス』、現行の2代目が『Bクラス』と、いずれもハッチバック車がベース。しかし次世代モデルでは、CクラスやEクラスなどのセダン系車種にも用意されることがアナウンスされた。

これは何を意味するか。現在、同社の燃料電池スタックは、そのサイズの制約から、二重フロア構造を採用するAクラスとBクラスにしか搭載していない。しかし、次世代燃料電池スタックは、現行比でサイズを大幅に小型化しながら、出力向上と効率アップを実現。これにより、CクラスやEクラスといったセダン系車種への搭載を可能にするのだ。

この次世代燃料スタックは、2012年からカナダで生産。2013年にはCクラスやEクラスに搭載され、少量ながら市販される計画だ。

Bクラスがベースの燃料電池車 F-CELL Bクラスがベースの燃料電池車 F-CELL