マツダは、4月1日付けで財務部門担当の尾崎清専務執行役員兼CFO(最高財務責任者)と開発部門担当の金井誠太専務が副社長に昇格する人事を発表した。

山内孝社長と財務、開発・生産担当の社長補佐の副社長2人による集団指導体制を構築する。

また、開発・生産部門を統括してきた山木勝治副社長は担当を持たない代表取締役となる。6月の株主総会で退任する見通し。

尾崎氏は、代表権を持つCFOとして引き続き財務部門を統括するとともに社長補佐も担当する。金井氏も社長補佐で、生産や技術を担当する。

金井氏は特装車開発子会社のマツダE&Tの社長兼務を解き、金澤啓隆常務執行役員が専務執行役員に昇格し研究開発担当とともに、マツダE&Tの社長を兼務する。