日野自動車は、2011年春闘で一時金について4.7か月プラス5万円を回答した。

組合側は年間一時金として5.0か月を要求していたが、これを下回る回答となった。

日野は昨年の春闘で組合が一時金5.0か月を要求したのに対して実績は3.8か月で、昨年実績を0.9か月プラス5万円上回った。

国内トラックメーカーでは、いすゞが5年ぶりに満額回答で、明暗が分かれた。