オートバックスセブンは、東日本大震災で物流センターである「東日本ロジスティックスセンター」が被災したことから兵庫県にある西日本ロジステックスセンターから全国の店舗に配送すると発表した。

東日本ロジスティックスセンターは、現在復旧作業を続けているものの、復旧には2カ月程度かかる見通し。このため、西日本ロジステックスセンターの出荷・配送能力を増強して全国の店舗に対する物流機能を強化する。

一方、グループのカー用品販売店舗は、地震で東北・関東地方の29店舗が被災したが、このうち9店舗で通常営業を再開、13店舗で部分的に営業を再開した。

残り2店舗についても1〜2か月で再開できる見通しで、再開の見通しが立たないのは5店舗。

このうち、3店舗が地震・津波による水没で損傷が激しい。2店舗が福島原発に近く、従業員が避難している。