20日午後9時15分ごろ、埼玉県草加市内の県道で、道路左側の路肩を歩いていた男女10人に対し、後ろから進行してきたワゴン車が突っ込む事故が起きた。3人が重軽傷を負ったが、クルマは逃走。警察は後に同市内に在住する86歳の男を逮捕している。

埼玉県警・草加署によると、現場は草加市新里町付近で片側1車線の直線区間。10人は歩道を歩いていたとみられるが、そこに後ろから進行してきたワゴン車が突っ込んだ。

クルマは29歳の男性を直撃。この男性が胸部強打で意識不明の重体。58歳の男性ら2人が打撲などの軽傷を負ったが、クルマはそのまま逃走したため、警察は重傷ひき逃げ事件として捜査を開始した。

周辺での車当たり捜査を進めたところ、現場から約300m離れた場所に住む86歳の男が所有するワゴン車に衝突痕を発見。任意で事情を聞いていたところ、「何かにぶつかったような気はする」と認めたことから、21日に自動車運転過失傷害容疑で逮捕している。

警察では男からさらに事情を聞くとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。