フィットシャトル・ハイブリッド

ホンダから『フィット』の派生モデル『フィットシャトル』がまもなくデビューする。サイドのデザインを見ると、非常に特徴的なCピラーが目に入る。

本田技術研究所四輪開発センターデザイン開発室第1ブロック1スタジオの小万修二さんは、「のびのびとしたキャビンや、全体でスポーティな伸びやかさといった表現をするときに、Cピラーが非常に邪魔をしていました」という。

Cピラーが全体の動きを止めたり、やぼったくなったりしてしまうというのだ。また、それにより、商用バンに見え、乗用車にとってはネガティブなイメージを持たれてしまうのではと懸念する。そこで、小万さんは、このCピラーをフィットシャトルのオリジナルポイントにしたいという思いを込めてデザインしたのだ。「Cピラーのところで、荷室と居住スペースが繋がっているようで、実は分かれている、といった表現にこだわったのです」。

そのアイディアは日本家屋から思いついたという。「屋根は全部つながっている。ただし、敷居を通しただけで、室内を分けることが出来る。つまり、分けると同時に天井まで区切らないことで、広がり感を出せるというところに着目したのです」。Cピラーの上部でルーフとのつながっている部分は、日本家屋の鴨居の役割なのだ。

フィットシャトル・ハイブリッド フィットシャトル フィットシャトル・ハイブリッド フィットシャトル フィットシャトル