NEXCO東日本は、23日現在の管内高速道路のSA・PAやガソリンスタンドの営業状況を発表した。

それによると、閉鎖しているエリアは、常磐自動車道の四倉PA(上下線)、中郷SA(下り)、北関東自動車道の笠間PA(東・西)の5か所(交通規制区間を含む)。

商業施設が利用不可のエリアは、東北自動車道の福島松川PA(上り)。同PAは、レストラン・スナックコーナー・売店ともに利用できない。

また、この他営業中の施設でも物流状況や施設の損壊等により、通常の営業を実施できないこともあると、NEXCO東日本では説明している。

ガソリンスタンドは、東日本大震災の影響で燃料供給が十分に間に合っていないため、管内のSA・PAでは、緊急通行車両へ優先給油を行っている。そのため、一般車両に対しては、給油制限の実施や給油不可となる場合も考えられることから、高速道路を利用する場合は、事前に燃料補給をするようにNEXCO東日本は呼びかける。