ボルト

GMが昨年末、米国の一部エリアで販売を開始したシボレー『ボルト』。同車を購入した一般ユーザーが、98.2km/リットルという平均燃費を記録していたことが判明した。

GMが18日に明らかにしたところによると、この男性ユーザーは、ニュージャージー州在住のマイク・ディピサ氏。昨年12月にボルトを購入し、主に通勤に使用してきた。

納車以来、現在までの累計走行距離は、2390km。車載モニターで確認した平均燃費は、231マイル/ガロン(約98.2km/リットル)と驚異的だ。

これには、理由がある。ボルトはモーター走行を基本にしたレンジエクステンダーEV(発電用エンジンを搭載する電気自動車)。バッテリー(2次電池)の残量が少なくなるとエンジンが始動し、オルタネーターを回してモーターに電力を送るとともに、バッテリーの充電を行う。

マイク・ディピサ氏の場合、1日の通勤で走行する距離は約42km。これは、ボルトがモーター単独で走行できる距離の約56kmをカバーしており、エンジンが始動するシーンはほとんどなかった。

また、バッテリーの充電は夜間に自宅で実施。つまり、マイク・ディピサ氏のボルトは、ほとんどEVのような使われ方だったのだ。同氏は「納車されてから、一度もガソリンを満タンにしていない」とコメントしている。

ボルト