日本損害保険協会は22日、29日に開催予定の商品専門A試験について、今回の地震および東京電力による計画停電の影響を踏まえ、15都県で中止すると発表した。

試験の中止を決めたのは青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨の14都県と静岡県の沼津会場。これ以外の地域では、15日の試験を中止した新潟、長野、静岡(静岡、浜松会場)を含めて予定通り実施する。

また損保協会は29日に都内で予定していた生命保険協会との初共催によるシンポジウム「社会構造の変化への挑戦」を中止することも併せて発表した。