日野自動車は、4月1日付けで「サービスパーツ企画部」を新設する組織改正を実施すると発表した。

新設するサービスパーツ企画部は生管・物流機能内に置く。これによって市場性のある地域適格部品の開発を進めるとともに、部品を販売会社に安定供給する体制を構築する。

国内販売事業で、アフターサービス分野が重要になっているため、市場の声を反映させたアフターパーツを開発・供給することで、販売会社の競争力の強化を支援するのが狙い。

サービスパーツ企画部は、トヨタ部などを担当する三田進常務執行役員が担当する。