18日午前1時10分ごろ、栃木県足利市内にあるガソリンスタンドで、給油待ちの列に割り込んできた男が店員を脅迫。自分のクルマにガソリンを入れさせ、代金を踏み倒して逃走する事件が起きた。警察は後に同市内に在住する40歳の男を逮捕している。

栃木県警・足利署によると、現場は足利市久保田町付近にあるガソリンスタンド。当時は給油待ちのクルマが車列を形成していたが、男はこれを無視してガソリンスタンド内にクルマを乗り入れた。

男は制止しようとした店員に対して「つべこべ言わず、さっさとガソリンを入れろ。入れないと店を潰すぞ」などと脅迫。乗り付けたクルマに20リットル、携行缶に4リットルを給油させ、代金約3500円を支払うことなく逃走した。

警察では目撃されたナンバーから車両を特定。同市内に在住する40歳の男を恐喝容疑で逮捕した。調べに対しては容疑を大筋で認めているという。