大分工場

ダイハツ工業は、3月23日、24日についても同社全工場で操業を休止すると発表した。

同社では、被災地の状況や取引先での被災状況などを総合的に考慮した結果、操業再開が困難と判断した。

東日本大地震の影響で同社は14日から20日までグループ全工場、22日まではダイハツの工場で操業を停止している。

一方、22日から在庫部品中心で操業を再開したダイハツ九州の大分(中津)第1工場は23日以降も、在庫部品中心での操業を継続できる見通し。

久留米工場