BMWグループは、東日本大地震で被災した地域への支援として、総額100万ユーロ(約1億1000万円)の寄付を行う事を発表した。

義援金は、国際的NPOであるセーブ・ザ・チルドレンと日本赤十字社にそれぞれ50万ユーロが寄付される。義援金は心に傷を負った子供たちの救済、緊急支援、地域の再建などに活用される予定。

また、被災地域に対する支援を希望する同グループの従業員も、これら団体に対する寄付を通じ地域復興に貢献するとしている。

同社会長のノルベルト・ライトホーファー氏は、「被災地の置かれている窮状を考えますと心が痛みます。この困難を乗り越えるまで、私共の心は日本国民の皆様と共にあります」と述べている。