エクソンモービル・ジャパングループは、稼働再開した塩釜油槽所向けにグループの東燃ゼネラル石油の川崎工場から石油タンカーが出港、22日に到着する予定だと発表した。

同社グループの塩釜油槽所は、出光興産と同様、石油元売り各社による共同利用にする。これによって東北地方向けのガソリンスタンドへの燃料供給体制は大幅に強化される見通し。

塩釜油槽所は、3月20日から操業を再開、海上から石油製品の受入が可能となった。これを受けて東燃ゼネラルの川崎工場から石油製品を搭載したタンカー21日に出港、22日に到着する予定。これで被災地の海上輸送による石油製品の大量輸送が実現する見通し。

塩釜油槽所は、業界他社との共同利用にし、業界全体で被災地域に燃料を安定供給していく。

加えて、東燃ゼネラルの川崎工場から宇都宮へ鉄道貨車での輸送も実施する。この一部は、タンクローリーで、東北地方に出荷する。27日からは、川崎工場から新潟を経由して郡山に鉄道での輸送を開始する予定。

一方、緊急用途向けの燃料として東燃ゼネラルの和歌山工場と極東石油工業の千葉製油所は、200リットルドラム缶に燃料油を充填し、自衛隊基地への輸送も開始した。21日までに、和歌山工場からドラム缶300本、千葉工場から200本をすでに出荷した。

このほか、各工場から、新潟、秋田、青森の共同油槽所への海上輸送も継続している。