SUPER GT 開幕戦の延期が決定(写真:2010年に岡山サーキットで開催されたSUPER GTのようす)

GTアソシエイション(GTA)は21日、東日本大震災の影響を考慮し、4月2日、3日に開催予定の2011年SUPER GT第1戦「岡山GT300kmレース」の開催を延期すると発表した。

代替日程については現在検討中、チケット取り扱いの詳細についても、別途発表される。4月30日、5月1日開催予定の第2戦「富士GT400kmレース」以降の大会についても、今後の状況を見て判断される。

また、21日開催された協議会では、今シーズンの大会を「東日本大震災復興支援大会」として開催することが決定された。

GTAの坂東正明代表は「GTAとしましては、21日に開催しましたSUPER GT関係者の会議において協議いたしました結果、地震による各方面への深刻な影響および現在の社会情勢を鑑み、本年の開幕戦岡山大会の開催が困難になったと判断し、延期することを決定いたしました」

「本年のSUPER GTレースの開幕を心待ちにされていた全国のファンの皆様、岡山大会の観戦を楽しみにされていた方には誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解を賜りますようよろしくお願いいたします」

「また、SUPER GT、そしてモータースポーツ界全体で何ができるか、しっかりと考えて出来る限りの援助を引き続き議論し、行動していきたいと考えております」とコメントしている。

SUPER GT 開幕戦の延期が決定(写真:2010年に岡山サーキットで開催されたSUPER GTのようす)