アクセラ 衝突実験後の車両状況

米国IIHS(道路安全保険協会)は21日、2011年モデルの『マツダ3』(日本名:マツダ『アクセラ』)を、「2011トップセーフティピック」に認定した。

IIHSの衝突テストは、前面オフセット64km/h、側面50km/h、後方32km/hで実施。ダミー人形が受けた傷害レベルに応じて、GOOD(優)、ACCEPTABLE(良)、MARGINAL(可)、POOR(不可)の4段階で評価する。

さらにIIHSでは、追突時のむち打ち確認テストと横転を想定したルーフ強度テストも行う。総合評価でGOOD(優)となった車を、「トップセーフティピック」に認定し、衝突安全面でのお墨付きを与えている。

アクセラのテスト結果は、前面衝突では右足への傷害レベルがACCEPTABLE(良)評価となったのを除いて、頭、首、胸、左足と、すべての部位へのダメージが最小限で、各部位がGOOD(優)評価と認められた。

側面衝突では、ドライバーの足への傷害レベルと後席乗員の胸への傷害レベルがACCEPTABLE(良)評価となったのを除いて、運転席と後席ともに、GOOD(優)評価。ボディの安全構造に関しては、前面衝突がGOOD(優)評価、側面衝突がACCEPTABLE(良)評価となった。

また、追突時のむち打ち確認テストとルーフ強度テストは、GOOD(優)。その結果、アクセラは総合評価が最高のGOOD(優)となり、トップセーフティピックに輝いた。

ルーフ強度テスト導入以来、マツダ車がIIHSのトップセーフティピックに輝いたのは初。IIHSは「今回のトップセーフティピックは、2010年12月以降の生産分に適用する」と説明している。

アクセラ 衝突実験後の車両状況 アクセラ 衝突実験後の車両状況 アクセラ 衝突実験後の車両状況