(22日午前1時・東電本店) 撮影=中島みなみ

東京電力は22日未明、福島第一原発放水口付近で採取した海水から、周辺監視区域外の法定濃度限度を超える高い放射性物質が、海中に含まれていることを確認した。

海水は21日14時30分に採取されたもので、126.7倍のヨウ素131や24.8倍のセシウム134が検出されていた。海水からこうした放射性物質が高い濃度で検出されるのは「記憶の範囲ではなかった」(広報担当者)。

東電は夜が明けるのを待って、再度採取を行うほか、福島第二原発など採取箇所を増やして、4か所でサンプリング調査を行い、影響の範囲がどの程度に及んでいるのかを評価する。

「発電所構内に広がった汚染が雨水で流されたり、原子炉建屋への放水で燃料プールなどから飛散した水が地中にしみこんで流れ出た経路、あるいは、建屋から放出した放射性物質が海水に入ったということが考えれる」と、広報担当者は話した。

水中の放射性物質の濃度限度は原子炉等規制法規則によって定められている。1年間、定量を飲み続けると1mSv(ミリ・シーベルト)に相当する値が濃度限度で、サンプリング調査で得られた結果の3か月平均が、濃度限度を超えてはならない。