(13日22時・千代田区) 撮影=中島みなみ

東京電力(清水正孝社長)は22日11時、今日の計画停電の一部取り止めを発表した。第5グループの2回目13時50分からと第1グループの2回目16時50分は実施しない。

計画停電の1回目は、第1グループが13時まで。以後、第2、第3、第4グループの順番で予定通り実施される。

供給力が昨日発表の3550万kWから3700万kWに引き上げられて、電力消費に対応する目安が付いた。

電力消費は午前9時に、瞬間最大で3600万kWを記録した。昨日発表の供給力では間に合わなかったが、同20分から計画停電が始まったため、消費の勢いが抑えられた。

「(この時期として高い電力消費を記録したことは)停電が始まる前の駆け込み需要ではないか」と、同社広報担当者は、解説する。

昨日発表の3550万kWの上積み分は、他の電力会社からの融通応援。需要想定は昨日と同じ3700kWのため、電力の需要と供給のバランスは予備率ゼロで拮抗するため、引き続き計画停電が必要となった。