JX日鉱日石エネルギーは、東日本大地震の影響で操業を停止していた関東地方で最大の生産能力を持つ根岸製油所の操業を21日から再開したと発表した。

根岸製油所はすでに、在庫製品の陸上出荷を開始している。21日から生産装置の稼働を再開、順次ガソリンや灯油などの石油製品を生産する予定。

また、水島製油所の原油処理能力も日産2万バレル増強して40万バレルに引き上げた。

水島製油所を含め、麻里布製油所、大分製油所から根岸製油所と京浜地区油槽所へタンカーで転送、関東地方向けの燃料の供給体制を強化する。

さらに、根岸製油所は、東北地区向けに18日以降、タンクローリーで盛岡油槽所に出荷しているが、関東甲信地区へのタンクローリーによる出荷も順次再開する。