東北地方(被災地)および関東圏でのガソリン・軽油等の供給確保

経済産業省は19日夕、東北地方(被災地)および関東圏でのガソリン・軽油などの供給確保措置と拡大輸送ルートの設定、18時時点での実績について発表した。


東北地方(被災地)向け

●域内供給のボトルネックは、油槽所からSSにガソリンなどを供給するローリーの不足だ。石油各社に域外からローリーを追加投入(300台)するよう要請し、700台体制の確保をめざす。すでに120台程度を追加投入済みで、約280台まで確保見通し。

●西日本の製油所からガソリンなどを転送する。製油所の稼働率向上・輸出抑制等により、約2万キロリットル/日のガソリンなどを東北地方に転送、北海道の2製油所からの供給を加え、震災前の東北地方の需要量に相当する約3.8万キロリットル/日の供給を確保できる見通し。

●太平洋側の油槽所の機能回復をめざす。塩竃油槽所は17日以降、在庫から約60キロリットルを域内に出荷開始。また21日までにタンカー着桟が可能になる見込みで、愛知県の製油所から輸送船(2000キロリットル)が既に出港した。八戸油槽所は在庫から軽油など60キロリットル出荷。JX仙台製油所はドラム缶約500本分の灯油などを出荷予定。

●緊急重点SSを指定し、緊急・支援車両に重点供給する。東北6県で178か所を指定し重点供給を開始。

●鉄道による輸送ルートの確保する。18日に横浜・根岸から盛岡に向けソリンなど(約800キロリットル)の輸送を開始、19日以降も継続予定。


関東圏向け

20日週後半に、停止中だった3製油所が回復し供給不足はほぼ解消するので、それまでの数日間が重要。3連休中におおむね4万キロリットルが関東圏に転送される見込み。停止中だった2製油所(東燃・川崎、極東石油・千葉)はすでに再開し、JX・根岸も週早々に運転開始する。

また1都6県でも東北地方と同様161か所の緊急重点SSを指定、重点供給を開始する。