エクソンモービル・ジャパンは、政府による緊急用途向け燃料供給要請に対応、東燃ゼネラル石油の和歌山工場と極東石油の千葉製油所から今後数日間をかけて200リットルドラム缶入りの灯油と軽油数百本を被災地用に順次トラックで輸送する。

仙台の塩釜油槽所には、被害状況調査チームを派遣、貯蔵されている製品の出荷作業を3月19、20日にかけて実施する。これにより仙台地区の供給再開を迅速化できる見通し。

さらに、東燃ゼネラル石油の川崎工場から宇都宮、高崎、松本、上田に向けにガソリン、灯油、軽油を貨車で1日当たり約100車両分を出荷する。

このほか、同社グループの関東地方37か所、東北地方29か所の給油所を緊急重点サービスステーションに指定、救援車両や被災地に救援物資を輸送する車両に優先的に燃料を給油する。

一方、エクソンモービルの川崎工場は現在、完全復旧し、ガソリン生産量は震災前と同レベルに戻ったほか、和歌山工場、堺工場は、国内向けの製品生産を最優先に供給する。加えて、これら関西地方の製油所から、関東地方に製品を転送しており、関東地方では、既に震災前の供給レベルに戻っている。このため、関東地方では週明けにも燃料不足は解消に向かう見通し。