17日午後6時40分ごろ、神奈川県厚木市内の県道で、交差点を進行していたバイクと軽ワゴン車が出会い頭に衝突する事故が起きた。バイクは転倒。運転していた18歳の男性が死亡した。信号機は計画停電で使えず、交通整理の警官もいなかった。

神奈川県警・厚木署によると、現場は厚木市下荻野付近で片側1車線の直線区間。信号機が設置されているが、事故当時は計画停電の影響で機能を停止。普段の交通量が少ないことから警官による交通整理も行われていなかった。

バイクは県道を走行していたが、対向車線で発生していた渋滞の合間をすり抜けるように交差道路を右側から進行してきた軽ワゴン車と衝突。進路を塞がれる状態で衝突したものとみられる。

運転していた同市内に在住する18歳の男性は腹部を強打。近くの病院に収容されたが、まもなく死亡した。警察はクルマを運転していた同市内に在住する67歳の男を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕。男性死亡後は容疑を同致死に切り替え、調べを進めている。