タンドラ

米国の民間調査会社、JDパワー&アソシエイツ社は17日、『2011年米国自動車信頼性調査』の結果を公表した。ライトトラック(SUVやピックアップトラック、ミニバン)カテゴリーでは、トヨタが全10部門中の6部門で首位という強さを見せた。

この調査は2008年モデルを新車で購入した顧客に、購入から3年が経過した時点で、愛車の信頼性について202項目に渡って質問。2010年10-12月に調査を行い、4万3700名以上から回答を得ている。

調査結果は、100台当たりの不具合指摘件数を示すPPという単位を使用。このPPが少ないほど信頼性が高いことになる。

ライトトラックカテゴリーの各部門ベスト3は、以下の通り。

コンパクトMPV
1. サイオンxB(日本名:トヨタ・カローラルミオン)
2. クライスラーPTクルーザー

コンパクト
1. ホンダCR-V
2. スバル・フォレスター
3. トヨタRAV4

エントリープレミアム
1. BMW X3

ミッドサイズ
1. トヨタ4ランナー(日本名:ハイラックスサーフ)
2. ヒュンダイ・サンタフェ
3. フォード・エッジ

ラージ
1. シボレー・タホ
2. GMCユーコン
3. トヨタ・セコイア

ラージピックアップ
1. トヨタ・タンドラ
2. フォードF-150
3. ラム1500

ミッドサイズピックアップ
1. トヨタ・タコマ
2. ホンダ・リッジライン

ミニバン
1. トヨタ・シエナ
2. ホンダ・オデッセイ(北米専用車)
3. シボレー・アップランダー

ミッドサイズプレミアム
1. レクサスRX(日本名:トヨタ・ハリアー)
2. レクサスGX470(日本名:トヨタ・ランドクルーザープラド)
3. ボルボXC70

ラージプレミアム
1. リンカーン・ナビゲーター
2. メルセデスベンツGL

トヨタ(レクサスとサイオンを含む)が、昨年の全8部門中4部門で首位という結果に続き、今年は全10部門中の6部門を制す強さを発揮。その6台は、サイオン『xB』(日本名:トヨタ『カローラルミオン』)、『4ランナー』(日本名:『ハイラックスサーフ』)、『タンドラ』、『タコマ』、『シエナ』、レクサス『RX』(日本名:トヨタ『ハリアー』)である。この6台の中では、レクサス RXが101PPと最も優秀だった。

今回の結果を受けて、米国トヨタ販売のジム・レンツ社長は、「長期的に持続するトヨタ車の価値と信頼性が証明されたもの」とコメントしている。

xB RX