全体相場は反発。政府・日銀による円売り・ドル買い介入を受け、円相場が1ドル=79円台から81円台に急落。売り込まれていた銘柄に買い戻しが入り、平均株価は前日比244円高の9206円と急反発して引けた。自動車株は総じて堅調。

ホンダが25円高の3080円と反発。マツダ、ダイハツ工業、三菱自動車が続伸した。

ほぼ全面高の中、震災による生産停滞に対する警戒感から、トヨタ自動車が55円安の3215円と続落。日産自動車も8円安の722円と続落した。