電子情報技術産業協会(JEITA)は、東日本大地震の被災者の情報収集に役立ててもらうため、会員企業から集めたテレビ、アンテナ、ラジオを寄贈すると発表した。

東北地方には予定外の場所にも避難所を設けており、情報収集できないで困っている人も多い。同協会が会員企業にテレビなどの寄贈を依頼し、各社の賛同を得たことから、避難所になるべく早く提供できるよう準備を進める。

テレビはシャープ、ソニー、東芝、パナソニック、日立製作所、三菱電機が合計750台を寄贈する。ラジオはソニーとパナソニックが合計4万台提供する。また、DXアンテナ、日本アンテナ、マスプロ電工、八木アンテナがUHFアンテナ400本、BSアンテナ100台を提供する。