タイで新型小型車「BRIO(ブリオ)」を発表

ホンダは、アジア市場向けに開発した新型小型車『BRIO(ブリオ)』を17日発表した。価格は39万9900バーツ(約107万9730円)からの設定で、5月下旬にタイ国内で発売される。

ブリオは、タイやインドなどアジア地域で拡大するエントリーカー市場に向けて新開発したスモールカー。都市で扱いやすいコンパクトな車体サイズに、存在感を主張するデザインとゆったりとした室内空間を実現したとしている。

タイ仕様車は、1.2リットルi-VTECエンジンを搭載、政府のエコカー認定基準である5リットル/100km以上の燃費性能や、Euro4排出ガス規制値に対応した環境性能を実現。また、運転席と助手席のエアバッグを全グレードで標準装備とするなど、タイ市場で求められる性能と価格を両立させた。

生産はホンダオートモービル(タイランド)カンパニー・リミテッドが行い、販売台数は発売から1年間で4万台を計画、将来的には周辺国への輸出も予定している。

また、ブリオは、今年後半からインドでも生産・販売を開始し周辺国への輸出も予定している。

タイで新型小型車「BRIO(ブリオ)」を発表 タイで新型小型車「BRIO(ブリオ)」を発表 タイで新型小型車「BRIO(ブリオ)」を発表 タイで新型小型車「BRIO(ブリオ)」を発表