海江田経済産業大臣は17日、東京電力管内において予測不能な大規模停電が発生する恐れがあることを公表した。

計画停電の最大限実施にもかかわらず、厳しい寒さの影響により電力需要が急増、一日の電力需要がピークを迎える夕方から夜にかけて需要量が供給量を大幅に上回り、この状況が続けば、予測不能な大規模停電が発生する恐れがあるという。

海江田大臣は「産業界及び国民の皆様には、特に電力需要がピークを迎える夕方から夜にかけてを中心に、最大限の電力使用の抑制、不要不急の電気機器の使用停止等、これまで以上の精一杯の節電への御協力をお願いいたします」と節電を呼びかけた。

東京電力管内における電力需要は、17日の供給力は3350万kWであるところ、午前中のピークの電力需要量は3292万kWとなっており、既に需給はギリギリの状況。昨日の最大電力需要量3250万kWを約400万kW上回るペースで推移している。