神戸製作所は、東日本大地震の被災地を支援するため、建設機械など1億円分の救援物資を寄付すると発表した。

同社は、1995年の阪神・淡路大震災で被害を受けた企業として、当時「全国から温かいご支援をいただきました」として、今回の地震で、一日も早い被災地の復旧復興を支援するため、救援物資と義援金を贈る。

同社グループは建設機械を製造するコベルコ建機などがあり、建設機械1億円相当を寄付し、災害援助や復興に役立ててもらう。これとは別に義援金として2億円を寄付する。