トヨタ自動車は、東日本大地震の被災地域の移動を支援するため、G-BOOKを活用して通行できた道路情報を公開する。

G-BOOK搭載車両から収集した通行実績情報(プローブ情報)を公開し、通行可能な道路を確認するのに役立ててもらう。

情報ではGoogleEarthを利用し、双方向10台以上の実績のある道路(青)、一方向で10台以上の実績のある道路(緑)、1台以上10台未満の通行実績のある道路(黄)を色分けして表示する。

同社では、通行できる道路情報を公開するものの、被災地とその周辺で救援活動、支援活動を妨げることのないよう配慮して実際の走行では、必ず現地での規制、誘導に従って欲しいと注意喚起している。