志賀会長(資料画像)

日本自動車工業会の志賀俊之会長は17日、同日未明から急激に進んだ円高について「投機の売り買いで進んだのなら耐えられない思いであり、憤りを感じる」と、強い不快感を示した。

志賀会長は、大震災で混乱する「現状の日本経済の状況からは、円高に働くことは考えられない」とし、「さまざまな投機が動いているのだろう」と語った。

また、メディア報道で復興への資金需要などが要因と観測されていることについて、「日産でも復興の資金は必要だが、手元の円のキャッシュで対応できる。日本経済全体でもそうだろう」と指摘した。

急激な円高は「短期的にも日本経済に影響を及ぼす」と述べ、復興の足かせとなるのが確実な為替変動に、重ねて懸念を示した。