(13日22時・千代田区) 撮影=中島みなみ

東京電力(清水正孝社長)は17日も終日計画停電を行う予定だ。今日の停電開始は午前7時頃から。

グループによっては1日2回の停電が実施される可能性もある。実施寒の戻りで寒さが真冬並みにぶり返しているため、暖房需要が厳しいことも影響する。

16日の電力需要は、朝10時に2900万kWだったが、夜の点灯時(18〜19時)には3250万kWに増えた。現状の東電の電力供給能力は3300万kW前後のため、同日朝の段階では1日2回の停電を実施するグループも出てくると見込んでいた。

しかし、同社が午前中に想定したほど夜の需要は伸びないことがわかり予想を下方修正。すべてのグループで1日1回の停電となるように切り替えたほか、最終グループの停電は予定を1時間繰り下げて、同日9時にすべての計画停電を終わらせた。

ただ、実績需要と供給能力の差は500万kWとわずか。「ぎりぎりのところ」(藤本孝副社長)で、17日の停電では1日2回の停電となるグループも出てきそうだ。

東電は17日の需要予測を最大となる夜の点灯時(18〜19時)に、昨日を上回る3800万kWを見込んでいる。17日の供給能力は3350万kWで、450万kW不足する。

17日の計画停電の実施以下の順番で行われる。開始時間と終了時間は、その直前の電力需要によって変わってくるが、停電時間は停電を予定する時間帯の中から3時間程度。

第5グループ:6時20分頃〜10時00分頃、13時50分頃〜17時30分頃
第1グループ:9時20分頃〜13時00分頃、16時50分頃〜20時30分頃 
第2グループ:12時20分頃〜16時00分頃
第3グループ:15時20分頃〜19時00分頃
第4グループ:18時20分頃〜22時00分頃

※17日は7時00分頃からの開始を予定。

第5と第1グループで予定されている2回目の停電を実施するかどうかは、開始時刻の30分前頃までに東電が判断する。

★最新の停電計画(場所、時間)は、東電や自治体などにご確認ください。